2018年6月3日

円通寺・・新緑の名所、中井権次一統の足跡・・兵庫県丹波市氷上町御油

「丹波市花めぐり」の冊子の裏面に、丹波市の新緑の名所が紹介されていました・・・
柏原大けやき、柏原八幡宮、高源寺、円通寺、高山寺、岩瀧寺、達身寺、白亳寺、石龕寺、小新屋観音、慧日寺・・・

その内の、中井権次一統の足跡であります、円通寺を訪ねます 
紅葉に、桜見物に、中井権次一統の足跡を巡って・・今回の、新緑で四度目・・・お気に入りの寺院です

永谷山円通寺の由来

円通寺は、南北朝時代の永徳二年(1382年)正月、足利三代将軍義満が、後円天皇の勅命により創建した曹洞宗の名刹です
年号の首字より「永谷山」、天皇の宝号より「円通寺」と名付け、勅願寺と定めました
ご開山「英仲法俊」禅師は、室町幕府を開いた足利尊氏の第四子、第二世「牧翁性欽」禅師は時の関白太政大臣「近衛通嗣」の第三子にあたります
室町~江戸時代の全盛期には、200有余の末寺を有し、丹波、摂津、但馬、播磨にかけて君臨しました
天正時代、織田信長に命を受けた明智光秀の丹波攻めでは当地方の寺社仏閣がことごとく焼かれる中、豪士荻野喜右衛門の働きにより兵火を免れたと伝わります
第四十世「日置黙仙」禅師は、明治政府の廃仏毀釈政策に対し、敢然と仏教の興隆と円通寺再建に尽力、後に大本山永平寺貫主、曹洞宗管長に就任しました
ご本尊は、南北朝の合一を祈願して「後小松天皇」が一刀三礼、自ら刻まれ下賜された「如意輪観世音菩薩」です
本堂、庫院などは、江戸時代末期に再建されたもので、当地方最大の規模を誇ります
・・・案内板より引用


左に放生池・・紅葉も綺麗ですが、新緑は格別ですね・・・

山門です

山門の両脇には・・・
             ・・・増長天・・・
反対側の持国天とともに二天として祀られています
この形式は中国から来たとされていますが、江戸時代には二天を守護神として祀るようになった。
お寺を守る(仏法を守る)ために祀られています
増長天とは、元来、四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)のお一人で、古代インドで方位の守護神として信仰され、須弥山の四方四州を守る守護神と位置づけられ、その中腹で仏法を守っています。甲冑を身につけた唐代の武将風の姿をしています・・・案内板より引用


             ・・・持国天・・・
反対側の増長天とともに二天として祀られています
この形式は中国から来たとされていますが、江戸時代には二天を守護神として祀るようになった
お寺を守る(仏法を守る)ために祀られています
持国天とは、元来、四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)のお一人で、古代インドで方位の守護神として信仰され、須弥山の四方四州を守る守護神と位置づけられ、その中腹で仏法を守っています
甲冑を身につけた唐代の武将風の姿をしています
唯一、兜をかぶっています・・・案内板より引用



現在の本堂や庫裏は、天保年間(1840年)に焼失後再建されたもので、本堂は二段屋根になっており、唐風を連想させるものがあります
幅が十二間、奥行きが七間・・・木造建築としては当地方最大の規模を誇ります


由緒を物語る二つの家紋

ご本堂の屋根やお寺のあちこちに足利家の家紋「円に二引きの紋」と近衛家の家紋「近衛牡丹紋」が多く見られます。ご開山が足利尊氏の第四子英仲法俊、第二代が関白近衛道嗣の第三子牧翁性欽であることに拠ります。 当時の武門と公家の最高位者の子弟を送ち込んだことは創建当時の尋常をらぎる事情が伺えます

織田信長の中国攻略に伴う明智光秀の丹波攻めにより、この地の寺社仏閣は悉く焼払われました。 この寺にも軍勢が近づいた時、豪士荻野喜右衛門が光秀の本陣に赴き必死の説待の結果兵火を免れたと寺伝は記しています。この寺の貫禄に暴挙を慎んだ光秀自筆下馬札も残されています。

本堂屋根・・足利家の家紋「円に二引きの紋」と近衛家の家紋「近衛牡丹紋」

庫裡


左:イトザクラ 樹齢、約二百年 右:タブノキ 樹齢、約三百年

             タブノキ 樹齢、約三百年

イトザクラ 樹齢、約二百年

             池の辺にそそり立つ一本杉は御神木
この大杉は樹齢七百年といわれ、かつてこの場所に「光源氏」のモデルとされる「源融」が建てた「賀茂大明神」の御神木でした。「賀茂大明神」は五百年間も地域の人々の信仰を集めていましたが、円通寺の建立に際し他へ遷されます。神社の誕生から移転までには数々のドラマや色々な史実があります。それを知る大杉は今も閑に円通寺を見守り続けているのです・・・配布パンフより引用


中井権次一統の足跡です・・・
本堂に・・・円通寺に彫られた霊獣たち・・と、木鼻、蟇股の彫物の説明がありました






朱色で、「柏原」と刻まれている
・・・前出の資料に記されているが、柏原の文字は、本堂内部と同じで、六代目中井権次橘正貞が彫ったことを表していると・・・残念ながら、本堂内は撮影禁止です








円通寺の住所が丹波市氷上町御油・・全国でも珍しい地名「御油」の由来
平安時代初期の寛平二年(880)左大臣、源融公 当地に賀茂大明神を建立し賀詞の一?「御魂の振油を斎奉る」から、御油と命名したと伝わります・・一部省略・・神野神社縁起

・・・賀茂大明神・・・
円通寺創建(1382)の際、賀茂神社(北田井)と神野神社(北御油)に分祀・遷座

両社とも参拝いたしました
2016年7月1日 兵庫県丹波市氷上町北御油、県指定文化財、神野神社
https://a-shi-a-to.blogspot.com/2016/06/blog-post_88.html
2016年7月22日 兵庫県丹波市氷上町賀茂、賀茂神社
https://a-shi-a-to.blogspot.com/2016/07/blog-post_22.html

長文になりました・・・
新緑と、中井権次一統の足跡・・・一人、堪能いたしました
・・・本堂に入れば、身の引き締まる空気、そして、木々達の緑、境内の雰囲気・・・中井権次一統の足跡・・・又々、足を運びたくなります・・お気に入りの、円通寺です・・・

・・さぁ、帰ろうかなぁ・・と、いうとき、PentaxK3Ⅱシャッター膜が開かない故障が発生・・・
なんと、数日前、同じ故障で入院し、退院してきたばかりでした
ご神木のそばのベンチに座り、Pentaxサービスの方と、将又やり取りを・・・困ったもんです

・・・追記:この備忘録を記する時点では、退院してきています