2020年12月4日

大名庭園「仙厳園」と近代化の拠点「集成館」・・・鹿児島の旅日記

鹿児島と云えば、大名庭園「仙厳園」と近代化の拠点「集成館」です

世界文化遺産 「明治日本の産業革命遺産」
2015年7月「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に
登録されました。鹿児島の構成資産「旧集成館」は、仙巌園や尚古集成館一帯を含むエリアです。ここでは、島津家28代斉彬が他に先駆けて近代化・工業化に取り組み、日本最初の洋式工場群「集成館」を設置しました。斉彬亡き後も、彼の志を受け継ぐ人々が集成館を舞台に強く豊かな国づくりを目指します。そして、彼らが培った技術が、近代日本の中核となり、工業国・技術大国の原点となりました。
現荏、この地は「日本の近代化・工業化発祥の地」として世界から注目されています。
・・・配布パンフより引用


大名庭園「仙厳園」の魅力

仙厳園は第19代島津光久によって万治元年(1658)に造られました
歴代当主の別邸として機能し、雄大な桜島を借景とする庭園や錫門、御殿、望嶽楼などが大名家の暮らしを今に伝えられています

仙厳園は薩摩藩主の別邸です
風光明媚な大名庭園で知られるこの地は、集成館事業の舞台でもあります
東シナ海を介して海外と交流のあった薩摩は、諸外国の動きを常に意識していました
19世紀になると西洋諸国がこぞってアジアに進出
第28代島津斉彬は軍備を近代化し、産業を興して国力を高めようと集成館事業に着手
海に臨むこの地は原材料や資材の運搬に便利でした
また関吉からもたらされた水は工業用水として活用されました


反射炉跡
鉄製大砲の鋳造のため、28代斉彬が築いた施設の跡です
斉彬たちは実物を見ず、オランダの書物を参考に苦心して建設
かつてはおよそ20mの高さの建物がそびえており、洋式工場群「集成館」の中核でした




正門
明治28年(1895)29代忠義が建てさせた正門です
建材は樟が使用されています
門の上部中ほどに島津家の家紋・丸十字があります
その左右には同じく島津家の家紋である桐紋が彫られています

この日は、菊花展でした






錫門
この門は屋根を錫で葺いていることからその名があります。錫は薩摩の特産品です。
江戸時代は、藩主とその世子(長男)だけが通ることを許された正門でした。


NHK大河ドラマ「西郷どん」撮影地

御殿前・・・御殿内部は、別ページで作成します

望嶽楼
江戸時代初期、琉球国王から薩摩藩に贈られたと伝わるものです
床に敷かれた碑とよばれる273枚の敷き瓦は、中国秦時代(紀元前3世紀)の阿房宮のものを写したといわれ、内部に掲げられた扁額は中国東?時代(4世紀)の書家、王義之の書を模したものと伝えられています
安政五年(1858)に勝海舟も異国情諸あふれる建物で、島津斉彬と対面しました

NHK大河ドラマ「西郷どん」撮影地


NHK大河ドラマ「西郷どん」撮影地

石階段

曲水の庭

この庭園の「桜島ビューポイント」


NHK大河ドラマ「西郷どん」の放映では、島津斉彬と西郷吉之助が相撲をとるシーンが
そして、望嶽楼には、篤姫が座って観戦していた・・・と、思うのです

鶴灯籠
安政四年(1857)、28代斉彬は鶴灯籠を用いてガス灯の実験を行いました。
この後、城下町をガス灯で灯す計画を立てますが、志半ばで急死。
豊かな国づくりを目指した斉彬の象徴となるものです。


正門の門番です

尚古集成館本館

近代化の拠点「集成館」
幕末の嘉永四年(1851)に始まった集成館事業は国を守り産業を発展させ、日本を強く豊かな国にするためのものでした 


現在、島津家800年の歴史や文化を紹介する博物館・尚古集成館本館として使用されている建物は、慶応元年(1865)に竣工した、現存する日本最古の石造り洋式機械工場「旧集成館機械工場」です

内部は、撮影禁止でした・・・

御殿へ参りましょう・・・









2020年12月3日

城山展望所、西郷洞窟・・・鹿児島旅日記

鹿児島の旅も三日目、最後の日になりました
今日は、鹿児島市内見物です

宿で、朝食を済ませ、散歩方々、すぐ側を歩いてみました
城山に位置するこの宿から城山展望台、西郷洞窟にいきました

城山公園入口

歩くこと、僅か・・・城山公園展望所です
・・・絶景です
・・・錦江湾に浮かぶ雄大な桜島、そして鹿児島市街地が一望できます
午前、8時半です
近いですよ! と、聞いて西郷洞窟へ・・・
それが・・・ね! 山、下りるのですよ

西郷高森洞窟
1877年(明治10)2月15日、新政府との間で、西南戦争が起こります
熊本で政府軍と激しい攻防を繰り返した末、城山にたてこもり、西郷隆盛は最後の5日間をこの洞窟で過ごし暮しました


「おはんらにやった命」
1877年(明治10)9月24日、午前4時政府軍の城山総攻撃が始まりました
城山に立てこもる薩軍兵士は、わずか300余
これを囲む政府軍は、何重もの柵をめぐらし、その数4万
死を決した西郷は、夜明けを待って、5日間すごしたこの洞窟をでました


石仏十三体
鹿児島市の人々が四国88ヵ所の巡礼にちなんで88体の石仏を伊敷梅ヶ渕や谷山慈眼寺、城山などに建立。うち13体と後に見つかった9体も加えられ、城山に登る西郷洞窟より上の車道脇び安置されています

宿のエントランスより眺める、桜島、鹿児島市街地

いや~参りました、西郷洞窟から石仏十三体へ、その登り坂
散歩コースとおもいきや、早朝から、汗ダクで、へとへとになりました

チェックアウトを少し遅らせ、休憩いたしました
さぁ、炎天下?の鹿児島市内見物とまいりますか・・・








2020年12月2日

開門岳・・・鹿児島の旅日記

薩摩富士「開門岳」に、すっかり、魅せられてしまいました

大昔、開門岳に行きましたが、それは別の目的・・・
今回、開門岳の姿を遠目から眺めて、その美しさに・・・感動いたしております


鹿児島の旅、一日目の夕刻、桜島、有村溶岩展望所よりの夕焼け中の姿・・・一枚

一泊したホテルで、早朝ウォーキング中に眺めた「朝の開門岳」

そして、長崎鼻より眺める、シルエットの開門岳

瀬平公園の開門岳展望台に走りました

そうなんです…
JAFのドライブMAP 2020 KYUSHU OKINAWA の表紙を飾る写真と同じ場所へ・・・
そして、まもなく、写真右後方より夕日が沈んでいく時間、見事な開門岳の一枚です




今日は、雄川の滝、桜島、桜島フェリー、長崎鼻、そして、開門岳・・・
二日目の鹿児島の旅は終わりです

急ぎ、二日目の宿、鹿児島市内へと向かいます

よき、光景を眼に焼き付けて・・・・


開門岳



瀬平公園の開門岳展望台








2020年12月1日

長崎鼻・・・鹿児島旅日記

ついにやってきました・・・長崎鼻
ぜひ、来てみたかった地なのです

長崎鼻の溶岩
長崎鼻は連続した溶岩やゴツゴツした岩石でできた延長約2kmの岬です
岬の先端では、溶岩が流れ出たときの縞模様を見ることができます
長崎鼻は、約10万年前に噴火した火山の名残と考えられています


大隅半島を眺める
・・・おそらく、先端は佐多岬、計画では、佐多岬も訪れる予定でしたが、行程、時間で、ちと無理と断念いたしました・・・




長崎鼻灯台

薩摩長崎鼻灯台

この灯台は、風光明媚なこの土地に相応しいものにしようと特別に設計されて、昭和32年(1957)に完成しました

大隅半島と薩摩半島に囲まれた錦江湾(鹿児島湾)に出入りする船舶や東シナ海を航行する船舶の道しるべとして、重要な役割をはたしている灯台です
位置:北緯31度09分25秒 東経130度35分15秒
光り方:8秒間に2回せん光を発する
光の届く距離:12.0海里(約22km)




潮だまり
・・・遊歩道らしきものがみえます、しかし、時間の関係で、残念ながら岬の先端まで行けません
長崎鼻では、温暖な海流のおかげで南方系の魚類やサンゴ類などの多様な海洋生物を見ることができます
特に岬先端の大きな潮だまりでは、色鮮やかな熱帯魚を間近に見ることができます


陽が・・・
太陽のウニウニとその光る海を、パチリしました



さぁ、もどります

竜宮神社


豊玉姫(乙姫)を祀っており、家内安全、商売繁盛、航海安全の守り神として崇拝を集めています
また、縁結びや夫婦円満に御利益があることで知られ、多くの方が願いを込めた貝殻を奉納しています

古事記にある「山幸彦や海幸彦」や「浦島物語」などの竜宮や乙姫にまつわる伝説は、全国にありますが、ここ長崎鼻は、竜宮伝説の発祥の地として知られています

浦島太郎


長崎鼻から眺める、開聞岳・・・じつに美しい!

・・・浦島物語で助けられた亀は、アカウミガメといわれています
長崎鼻西側の砂浜や隣接する海岸では毎年5月から8月にかけてアカウミガメの産卵が確認されています


大隅半島、桜島から桜島フェリーで、薩摩半島へ入り、その足で指宿を通過し南下し、一路、長崎鼻へやってきてました
ちょっと強行軍だったかなぁ?
でも、天気も見事に回復して、すばらしい景色に会えました