2018年3月8日

幡路稲荷神社・・篠山市の神社巡り・・兵庫県篠山市幡路4−2

篠山市の神社を巡っています

兵庫県篠山市幡路4−2、幡路稲荷神社を訪ねます
この幡路稲荷神社の彫刻は先人の情報では、新井弥三郎正次?と、あります
国道173号線、綾部街道、藤ノ木バス停から、籾井川を渡り僅か、右手にあります

社頭です

主祭神 : 稲荷大神 
由 緒:創立年不詳
    寛文元年(1661)、焼失:寛文二年(1662)、再建:慶応三年(1867)、改築
    明治六年(1873)、村社に列せられる・・・と


向拝・・・
・・・この龍は、新井弥三郎正次ですね・・・私感
妻飾り

             左、脇障子
             右、脇障子

手挟み、木鼻、持送り

             崩れかけそうな、石燈籠・・・刻銘、享保十一(1762)と読める・・・
             田?のあぜ道が、参道のようですね
私の知識では断定はできませんが、恐らく、新井弥三郎正次と思います
刻銘を探すも新井弥三郎正次の刻銘は、見つかりませんでした
そして、幡路稲荷神社の情報も、ググっても、見つからないのです

しかし、見事な彫刻を拝見できただけで、満足です・・・(*^_^*)



0 件のコメント:

コメントを投稿