2018年3月4日

左近神社・・篠山市の神社巡り・・兵庫県篠山市草ノ上3

篠山市の神社を巡ります

兵庫県篠山市草ノ上3、左近神社です
左近神社の彫刻は、新井弥三郎正次の作とのこと・・・楽しみです

社頭です・・・
ふと、左見れば、おおぉ・・これは、倒木です・・恐らく、台風の被害、大木の根が持ち上がっています!
今回、2ヶ所目です・・・しかし、よくも、斜め石垣に倒れてくれたと・・私感!
この大木がね・・意外と根が張っていないようにも見えるのだが・・・雨で地盤が緩んだのか?
社務所?(公民館?)も無事、石燈籠も無事、何よりです
石段登れば、舞殿ですね


社頭案内板
ご祭神は、伊弉諾尊のお子の大山祇神であります
武神・海神・山岳神・農業神として崇敬されている神様で伊予国大三島には、大山祇神社が あり、中世より全国的に信仰を集めています
この神社の創建は古く草?上村丁/田/坪の古宮から遷座したと伝え、この地にふさわしい神社です
別当院は千蔵院・和光寺といいました
毎年十月六・七日がお祭りで両日とも七台の山車が出てうち五台は太鼓みこしに四輪がつく珍しいものです・・・篠山市

本殿
神社庁では、祭神:左近大神・・・
案内板では、ご祭神:伊弉諾尊のお子の大山祇神であります
久しぶりの獅子噛、足も梁の上に出ているぞ! 迫力満点です
兎の毛通し
左、木鼻、持送り
手挟み

左、脇障子・・ピンボケ・・m(_ _)m
右、脇障子・・うん? 壁際に蟇股が、置かれているよ!
脱落したのですね・・・写真撮影となれば、キッチリ撮影できますから・・(^^;)

             石燈籠・・・享保十二年(1727)と読める
摂社
不明・・・覗いてみると、物置でした・・(^^;)
左近神社祭礼

左近神社でも、2017年10月?の台風の被害・・倒木!
舞殿、拝殿など、直接倒木があたり、屋根押しつぶされたり、鳥居が・・と、見てきました
知るところでは、六社めです
この後始末の経費も、大変です・・・
こればっかりは、自然災害ですからね、予測も対策もできません・・(>_<)

反省:脇障子の撮影は失敗でした