2018年7月14日

水道検針時、漏水が見つかりました・・

2018年7月12日、水道局より検針がされました
その折り、不在だったのですが・・・<上下水道からのお願い>があり・・・

・・・検針時、メータ-が回転しておりました。漏水の疑いがありますので、各蛇口、トイレのタンク等から出水していないか確認して下さいと・・・

そして、使用量は、5月15日~7月12日が、使用水量 64㎥ 前回が43㎥
おお! なんと21㎥も増えているぞ!

料金も、6,463円増・・・過去の平均値を調べてみましたが、前回の数字の前後・・・
これは、あきらかに、多いス!!

早速、水道局に問い合わせし、漏水調査、修繕をお願いいたしました



水道メータ 何も使用していなくても、赤丸「パイロット」が、クルクル回っている
・・・これが、漏水の現象らしい・・・
因みに蛇口から水が垂れている水量だけでも、回転するらしいのです

各水道蛇口をこの漏水発見機?で・・・音で流れを聞くようです


なんと、2ヶ所目で発見・・・外の水汲み場でした
ガーデンパンをとり外し、掘っていきます

赤丸部分のジョイントのパッキンが原因とのことで、漏水確認・・・
結構、出ています・・・「水」  パッキン交換です

犯人は・・・このパッキン!
直径23mm 厚み3mm 内径14mm 単価25円・・・触ると硬化して弾力性に乏しい




交換後、開栓して、水道メータ、パイロットが、回転していないことを確認して、元に埋め戻します


使用していない状態で、メータの確認・・・パイロット、止まっています

3人体制で、作業時間30分・・・手早い作業でした 勿論有料です
漏水による水道料金は、後日、70%前後は還元されるようですが・・・

この2ヶ月間で、漏水したのですが、地面にチョロチョロしみこんでいたのでしょう・・・
勿体ないことです・・・

パッキン、経年劣化らしいのですが、通常、目にふれない、トイレの水タンクのパッキンにも気をつけなれば、使用後、満タンになったあとの水の漏水がないかどうか、音で聞き分けなければね・・・

検針が2ヶ月に一度ですから、時折、水栓箱を開けて、パイロットを確認しなければ!

今回、水道局に迅速な対応をしてもらい、無事、漏水はとまりました

簡単なパッキン交換で済んで、よかったです、もし、床下とかであれば大事でした